夢占い

【夢占い】亡くなった人の夢の意味26選|新たな始まりなどを表す

亡くなった人の夢の基本的な意味

亡くなった人の夢の基本的な意味は、「新たな始まり」「体調の変化」「あなたへの助言」などを表します。

あなたにとってかけがえのない人が、これから進むべき方向へやさしく導いてくれたり、思い悩んで危険な方へ向かっているときには、立ち止まって冷静になるように警告してくれるなど、あなたがアドバイスを求めているときに見る夢です。

亡くなった人は誰なのか、どんな表情をして何をしていたのかによって、夢が示す意味が変わってきますので、 その時のシチュエーションを振り返ってみてください。

亡くなった人が出る夢

亡くなった人が夢に出てきた時は、あなたが助言を求めて苦しんでいることを暗示しています。無意識に亡くなった人のことが気になり、この人ならこの状況でどう行動するだろうか、自分はどうしたらいいのかと答えを求めつづけ、心身ともに消耗しています。何か言葉を伝えてくれた場合は、決して忘れないように心にとめておきましょう。

亡くなった人が何度も出てくる時は、今を一生懸命生きようと思いつつ、現実から逃れたいというあなたの願望が表れています。ひどく疲れていて休息したい、何もやる気が起きないという暗示でもあります。

亡くなった人が好きな人の場合は、孤独感が強まっていることを表しています。相手への愛情が深ければ深いほど、あの時こうすればよかったかもしれないと自己嫌悪になっていて、一人になった寂しさや心の弱さを、他の人に見せることが少しずつできなくなっていることを示しています。

亡くなった人が友達であれば、あなたはひとりじゃないという暗示になります。あなたの頭が混乱しているときには、少しでも力になろうと夢に出てきてくれます。

亡くなった父親が出る夢

亡くなった父の背中が夢に出たときは、誰かに甘えたい気持ちを表しています。

あなたは、幼い頃の父親のように一生懸命に仕事を頑張り、ただただ一人で寂しい時間を過ごしているようです。本当は心細くて、いつも誰かにそばにいて欲しい、見守っていてほしいと願っていることを暗示しています。

亡くなった父が生前家族に迷惑を掛け、暴力的だったときは、あなたが当時の自分の無力さを今でも責め続けていて、深く苦しんでいることを表しています。

また、この夢は、父親があなたに言いたいことがあることを象徴しています。それを伝えることは、あなたのために成り得るのかもしれません。内容の良し悪しは、夢での印象に比例しますので、心して聞いてみましょう。

亡くなった母親が出る夢

亡くなった母親が出てくる夢は、あなたが誰かに深い愛情を寄せられていることを暗示しています。

明るい印象の夢だったのなら、あなたに幸運が舞い込むことを暗示しています。特に恋愛面の運気が上昇し、良い出会いと愛情に恵まれそうです。

反対に暗い印象の夢だったのなら、何か問題が発生するという暗示です。いつも以上に気をつけて日々を過ごすようにしてください。

亡くなった母が夢に出てきて胸が苦しくなったときは、あなたの家族への愛情がとても深いことを暗示しています。

その母と夢の中で会話をしたり体を触っていたときは、もっとたくさんの親孝行をしておけばよかったという後悔や、母に対しての申し訳ない気持ちを表しています。

母が不安そうな顔をしていたときは、あなたが原因となって引き起こしてしまうトラブルが近々起こることを示しています。寂しいがゆえに、もっと誰かに甘えたいという願望も表しています。

亡くなった夫が出る夢

亡くなった夫が夢でやさしい表情をしていたときは、これからのあなたは安定して運気が上がることを予兆しています。好きな人を作ったり、今後再婚することも後押しをしてくれているでしょう。

亡くなった夫が夢で険しい顔をしていたら、誰にも言えない秘密を抱えていることが我慢の限界にきていて、つらいことから逃げ出したくなっていることを暗示しています。がらっと環境を変え、新しい人間関係の中で一から再出発をしたほうが、あなたの運気は上がるでしょう。

亡くなった祖父が出る夢

亡くなった祖父が出る夢を見たときは、あなたは信頼できる人に色々と相談に乗ってほしいと、今後の将来を不安に感じていることを暗示しています。

今は年上の異性にアドバイスしてほしい、頼りたいという気持ちが強くなっているので、身近な人で相談できそうな人がいないか探してみましょう。

亡くなった祖母が出る夢

亡くなった祖母が出る夢を見たときは、あなたの進むべき未来を教えてくれます。

祖母が楽しそうな印象だった場合は、あなたの運気の上昇を表しています。今のあなたはエネルギーに満ち溢れていますので、何事に対してもポジティブになれるでしょう。積極的に行動を起こすことにより、より一層、運気が好転していく暗示となっています。

祖母が穏やかな表情であったのなら、これからの人生をゆっくりと安心して歩いていけることを予兆しています。転職や結婚を迷っている時は、今のあなたの選択を後押ししてくれています。

祖母が険しい表情をしていれば、あなたの小さな心配事が大きくなって、取り返しのつかないことが起きることを示唆しています。人間関係のすれ違いや、体調の変化など気になることは早めに解決しましょう。

また、生前可愛がってくれた祖母の死を受け入れられず、それを引きずっている時にこの夢を見る場合もあります。祖母はあなたを心配しており、悲しみを乗り越えて前を向いて欲しいというメッセージとなります。悲しみが落ち着いた後は、祖母のためにも区切りをつけて、前を向いて歩いて下さい。

亡くなった親戚が出る夢

亡くなった親戚が出る夢を見たときは、あなたの周りでたくさんの人を巻き込むような大きな問題が起きたり、災難が降りかかってくることを予兆しています。バレないだろうと軽はずみにやってしまったことが大きなトラブルに発展するなど、職場や近所にも迷惑を掛ける可能性がありますので、日頃の言動には慎重になりましょう。

亡くなった人が元気な夢

亡くなった人が元気な夢を見たときは、運気が好転している予兆です。未来への前進力が高まり、あなたは新しい運命の扉を開こうとしています。ずっと前からやってみたかったことを始めるチャンスでもあります。

結婚したい相手がいれば、自分から積極的にその意思があることを伝えましょう。

人脈を広げるために外に出掛けると、同じ考えの人に遭遇する可能性があります。

亡くなった人が笑ってる夢

亡くなった人が笑ってる夢を見たときは、運気が良いほうへ向かっていることを表しています。このままの道を進んで行けば、その先には穏やかな幸せや、努力してきた結果がちゃんとあなたを待っています。

笑っている人があなたにとって大切な人であれば、これからのあなたの活躍をそばで見守り続けてくれる存在となるでしょう。

亡くなった人が怒る夢

亡くなった人が怒る夢を見たときは、あなたが周りの人に迷惑をかけていることを暗示しています。今のあなたには誰かに怒られるだけの、何らかの理由がある事を意味する夢となります。

非道徳的な事柄に手を出していたり、自己中心的になっていたり、不摂生な生活をしているのかもしれません。改めるべき点は改め直すべき点は直しなさいと夢は警告してくれています。

亡くなった人が怒りながら何か言っていた場合は、あなたに対する夢からのメッセージと考えられます。怒られた内容をよく考えて、少しずつ変えていきましょう。

亡くなった人の怒りが強かった場合は、あなたの心が弱っていることを示しています。問題を抱え、どうしようもできないと自暴自棄になって、周りに心を閉ざしてしまっている状態を表しています。今は急いで変えなくても大丈夫なので、あなたがリラックスできるような気分転換をしてみましょう。

亡くなった人が泣く夢

亡くなった人が泣く夢は、ストレスや不満が多くなり、健康運も低下していることを予兆しています。無意識のうちに他人を否定したり、あなたの冷たい態度が周囲の反感を買っています。周囲から孤立してしまい、言いたいことも言えずに我慢の限界を感じているようです。

またこの夢は、あなたが今後誰かから苦しめられるような出来事が起こる可能性を暗示しています。それは人から非難されたり、直接的な攻撃を受けたりするといったようなトラブルです。

このあなたに対するトラブルはあなた自身に問題がある可能性が高いです。それは未熟さのあまり人を傷つけてしまったり、暴言を吐いてしまうことが原因なのでしょう。ですので、自分から他人を傷つけないように注意が必要です。

さらに、生活リズムの乱れや暴飲暴食が引き金となって、手術が必要となるような大きな病気になる可能性があることを示しています。

亡くなった人が泣き続けている夢の場合は、あなたの周りのトラブルや病気がしばらく続くことを知らせているので、今のやり方や生活を早急に見直してみましょう。

亡くなっている人が肉親である場合、それはあなたの進んでいる道に誤りがあるという暗示です。自分と良く向き合って、間違っていることはないか確かめてみましょう。

亡くなった人が無表情の夢

亡くなった人が無表情の夢を見た時は、あなたは日々をただ何となく過ごし、生きる気力を失っていることに警告を示しています。

単調な生活の中で仕事や人生にやりがいを見つけられず、恋愛も他人事に感じ、自分に自信がなくなっているあなたは、何のために生きているのかが分からず、自暴自棄になっています。あなたを必要としてくれる人が目の前に現れた時に後悔しないように、ゆっくり自分磨きをしておきましょう。

亡くなった人が無言の夢

亡くなった人が何も言わなかった時の夢は、表情によって示す意味が変わってきます。

あなたの目をずっと見ながら何か言いたそうな時は、あなたの人間関係の中で小さな波乱に気付かせようとしてくれたり、身近なところで揉め事に巻き込まれる可能性を予兆しています。

優しそうな表情だった時は、今あなたのしようとしていることを応援してくれることを表しています。順調にいくまでは困難な道が続いているかもしれませんが、その選択はあなたを幸せにしてくれることを示しています。

亡くなった人が話す夢

亡くなった人が伝えてきた言葉は、あなたへの直接のアドバイスになります。

あなたが相談したかったことについて答えてくれていれば、その通りに実行していいという暗示です。

思ってもみなかったことを伝えてきた時は、その言葉をよく考えて、あなたがしようとしていることと照らし合わせてもう一度考え直してみることをおすすめします。

聞き取りにくかった場合は、表情をしっかり思い出してみましょう。

亡くなった人が料理をする夢

亡くなった人が料理をする夢を見たときは、家庭運や愛情運を表します。

温かくおいしい手料理だったときは、これからのあなたは大きな愛で守られて、平和な家庭を築くことができるでしょう。

半面、料理が冷めていたり美味しくなかった場合は、あなたは育ててくれた人への感謝の気持ちがなくなっていることを暗示しています。と同時に、育ててくれた人に甘えたかった、頼りたかったという心残りがあることも示しています。今後あなたが大切な人と過ごす際には、温かい手料理を作り続けることで幸運がやってきます。

亡くなった人が食事をする夢

亡くなった人が食事をする夢を見たときは、自分のことを相手がどう受け止めているのか、不安でたまらない気持ちを示しています。

味付けはどうだったのか、美味しくなかったのかなど、小さな気掛かりが積み重なって、ささいなことが大きな緊張感へと変わり、あなた自身を苦しめている原因となっています。

反面、亡くなった人と一緒に食事をする夢を見たときは、あなたの運気が上昇し、これから大きく飛躍することを予兆しています。目標を持ち、たくさんの良いエネルギーや知識を吸収し、今まで知らなかった世界に踏み出せば、あなたは充実した意欲的な毎日を送ることができるでしょう。


亡くなった人がお風呂に入る夢

亡くなった人がお風呂に入る夢を見たときは、小さなことを考えすぎて疲れがたまり、身体を休めたいという暗示です。あの時こうすればよかったのかも、と後悔ばかりしていて、あなたは声にならない悲鳴をあげています。

亡くなった人がお風呂に入って幸せそうだった夢を見たときは、あなたが温かなぬくもりを欲していることを暗示しています。いつの間にか一人でいることに慣れてしまい、幼い頃のように愛で満たされた幸せを感じることもなく、心が渇いてしまっている状態です。

自分のそばにいつもいてほしい、誰かに甘えたいという願望も表しています。

亡くなった人が亡くなる夢

亡くなった人が亡くなる夢を見たときは、あなたが成長する転機となることを予兆しています。大きな悲しみを乗り越えた後、今まで怖くてやろうとしなかったことも、自然と力が湧いてきます。亡くなった人が見守ってくれているような感覚もあるでしょう。初めての土地へ移住する、海外留学で様々な人種の人々と交流するなど、あなたは自分の興味のあることをどんどん挑戦していくと、大きく成長して充実した日々を送ることができます。

亡くなった人が生き返る夢

亡くなった人が生き返る夢を見たときは、以前失敗したことでもまたやり直せる機会が到来したことを予兆しています。すれ違いでバラバラになった家族が一度距離を置いたことで改めて愛情を確認し合い、再び同じ屋根の下で生活することもあるでしょう。あなたが心をこめて今の気持ちを伝えることで、別れた恋人と寄りを戻す可能性も充分にあります。途中で諦めていたことはないか、今ならできそうだと思えることは何でも積極的に行動してみましょう。

亡くなった人が成仏する夢

亡くなった人が成仏する夢を見たときは、あなたに気持ちの整理ができる準備がやっと整ったことを暗示しています。

長い間、息が苦しくなるほど心が乱れて情緒不安定だったあなたは、固い殻が溶けていき、少しずつ現実を受け入れるようになっています。そして夢に出てきた亡くなった人は、そんなあなたを優しく見守り、ほっと胸をなでおろしています。あなたは少しずつ、元の生活に戻ることで気持ちが安定していきます。身近な距離で、あなたを支えてくれるすてきな人が現れることも知らせてくれているので、幸せで心が満たされた日々を送ることができるでしょう。

亡くなった人から電話がかかってくる夢

亡くなった人から電話がかかってくる夢を見たときは、あなたは自分自身の本音を聞きたいと思っている表れです。頭の中が混乱している状況かもしれませんが、電話で話した内容がまさに、あなたが自分自身に投げかけている言葉になります。

電話の内容がとりとめのないものであれば、考えることにひどく疲れていて心からリラックスできるような休息を求めています。

半面、電話の内容が文句や怒りの言葉が大半であれば、あなたは懺悔の気持ちで自分を限界まで傷つけていることを暗示しています。誰にも話を聞いてもらう機会がないときは、心が落ち着くまで自分の気持ちを全て吐き出し、ノートに書き続けてみましょう。

亡くなった人と喧嘩する夢

亡くなった人と喧嘩する夢を見たときは、あなたは大事なものを見失っているという警告です。先を急ぐあまり、自分自身の本当の感情に気付かないふりをしたり、中途半端に終わっていることが多くなり、毎日をていねいに過ごすことができていないようです。

亡くなった人が何を言っていたのかを振り返って素直に行動を変えると、大切な人との関係が良くなるなど、運気は上昇します。あなたがずっと探していた居心地のいい最高の場所が見つかるでしょう。

亡くなった人が怒っていたことをそのままにしておくと、あなたの対人運が下がり、人間関係のトラブルが絶えず起きることを示しています。

亡くなった人を抱きしめる夢

亡くなった人を抱きしめる夢を見たときは、あなたに幸せが訪れる予兆になります。

今は問題を抱えていて苦しんでいても、辛抱強く待っていれば近いうちに解決する糸口が見つかるでしょう。体調が悪かった人は、少しずつゆっくりと回復に向かい、家族や友人と会話をし、美味しいごはんを食べて生きている喜びを実感します。

亡くなった人に抱きしめられる夢を見たときは、あなたの願いが叶えられる暗示です。

何も心配することはなく、あなたの直感を信じて前向きに行動することで未来が開けます。困った時にはすぐに駆けつけてくれる友人が現れたり、心から頼れるパートナーにも出会えるでしょう。

亡くなった人の家の夢

夢の中で亡くなった人の家が、温かい雰囲気の建物だった場合、突然大切なものを失ってしまった喪失感を暗示しています。予想していなかった急な事態に、あなただけの時間が止まり、頭の中は真っ白になって心が追いついていない状態です。

夢の中で亡くなった人の家が、ひどく老朽化していた場合、あなたは大事な問題点を先送りにして、自分のことしか考えていなかったことをとても後悔し、自己嫌悪に陥っています。毎日仕事が忙しく、あなた自身にも余裕がないことを考えると仕方なかったことなのかもしれません。

亡くなった人の葬式の夢

亡くなった人の葬式の夢は、今までの過去を全て脱ぎ捨て、あなたが新しいことに挑戦しようとしている予兆です。

あなた自身の葬式だった場合は、たくさん経験してきた中で今までの人生とは全く別の道を選択する可能性が高いことを教えています。違う職業に転職したり、思ってもいなかった人と急に結婚するなど、家族や友人がびっくりするような方向へ進むかもしれません。この転機がきっかけとなり、今後の人生がよりよい方向に進んでいき、一生を共に過ごす理解あるパートナーに巡り合えることも暗示しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。