夢占い

【夢占い】歌う夢の意味18選|自己表現したい気持ちの現れ

歌う夢の基本的な意味

歌う夢の基本的な意味は、「自己表現したい」「感情の表れ」「深層心理のメッセージ」などを表します。

普段から自分を表現することを苦手にしていたり、感情を表に出せずにいるときに見やすいのが歌う夢です。

あなたの深層心理からのメッセージとして受け止めることができます。

また歌っていた歌詞によっても意味が違ってきますので、暗い歌詞なのか、明るい歌詞だったかなどにも注目して見て下さい。

歌う夢

歌う夢は自己表現したい、自己主張したい気持ちが高まっていることを表しています。普段から自己を押し殺し、感情を抑えているのかもしれません。その我慢にも限界がきていることを暗示しているのです。もっと自己表現して、自分の気持ちに正直になり心を解放してあげると良さそうです。

また対照的に、歌う夢は自分のことを分かってもらえない寂しい気持ちを表している場合もあります。自分の気持ちや言葉を理解してもらえない不安を、言葉にのせて歌うことで解消しようとしているのかもしれません。場合によっては、自己主張しすぎる恐れがありますので、心当たりがあるなら少し気持ちを抑えて客観的に自分のことを見ると良さそうです。

そして歌っていた歌詞が明るい印象でしたら、明るい未来を示しています。逆に暗い歌詞であれば、暗い見通しであると言えそうです。

人前で歌う夢

人前で歌う夢は、今のあなたにはエネルギーが満ちあふれポジティブな状態であることを表しています。これまで挑戦せず諦めていたことに、またトライしてみるのが良さそうです。きっと良い結果を残せるはずです。

そして人前で歌うということは周りから注目を浴びたいと思っていることも表しています。人の目を気にせず、行動を起こしてみるのも良いかもしれません。きっと幸運が待ち受けているのではないでしょうか。その行動によって人から注目を浴びることになりそうです。

オペラで歌った場合、気持ちが高ぶりポジティブな状態であることを表しています。

大勢で歌う夢

大勢で歌う、または合唱コンクールや大会などで大勢の人と、合唱団の一員として歌う夢は、周りの人と関係を保ちつつ自己主張したいと望んでいることを表しています。

一人で歌っているのとは違い、自分だけ目立ちたいのではなく、調和や規律は保ちたい気持ちでいます。もしくは人とのつながりを求めているとも言えます。どちらにしろ、あなたは人との調和を大事にしていると言えます。

合唱がきれいに響いていた場合、調和を保ちつつ願望を叶えることができそうですが、一人だけうまく歌えていない場合は周りとの関係がうまくいかない可能性があります。

またその人たちと楽しく歌っていたら、周りの人との関係はうまくいき、今後も充実していくと言えます。

デュエットで歌う夢

デュエットで歌う夢は、あなたが心から寄り添える恋人や友人を求めていることを表しています。あなたは信頼のおける関係性を誰かに求め、自分をさらけ出したいと考えているのかもしれません。

デュエットがうまく歌えていた場合、自分を理解してもらい、信頼のおける相手に出会えることを示しています。その逆でうまく歌えていなかった場合、あまり自分を表現できずなかなか自分を理解してくれる相手に出会えないことを暗示しています。

ステージで歌う夢

ステージや舞台で歌う夢は、あなたは自己顕示欲が強い状態で多くの人に自分を知ってもらいたい状態であることを表しています。仕事や私生活、自分のやったことを正当に評価してほしいと願っているのかもしれません。

また人に注目されたい、物事の中心に立ちたいという願望があることも示しています。ステージや舞台が大きく、お客さんも多ければ多いほど、その願望も大きいと言えそうです。

ただ願望だけが先走り、周りからも一歩引かれてしまうかもしれません。まずは確実に実績を付け周りから認められるようになってから、物事の中心になることに挑戦してみると良さそうです。

教会で歌う夢

教会で歌う夢は、なにを歌うかによって意味が違ってきます。教会で歌うといえば讃美歌を思いつくかと思います。その場合運気の上昇を表していますので、吉夢と言えます。特に穏やかな気持ちで歌っていた場合、この先の見通しは明るく、悩みもなく過ごすことができることを示しています。

しかし暗い気持ちで歌っていたり、あまりにもたくさんの人と歌っていたりしていた場合、対人運と健康運の低下を暗示しています。人間関係に疲れストレスが溜まっているのかもしれません。少し距離をおきリフレッシュすることが大事です。

また教会の雰囲気とかけ離れた歌を歌っていた場合、あなたは自己中心的になっていることを示しています。相手の気持ちを考えられずにいる可能性があります。一度冷静になり、誰かを傷つけていないか周りを見返してみたほうが良いかもしれません。

オーディションで歌う夢

オーディションで歌う夢は、自分のことをもっとみんなに知ってほしい、理解してほしいと思っていることを示しています。あまり自分のことを理解してもらえず、不安でいるのかもしれません。

またオーディションで歌を失敗してしまった場合、現実で大切な試験や仕事を失敗してしまうのではないかと不安に思っていることを示しています。不安をなくすには地道に努力して自信をつけることが一番の近道になります。

異性と歌う夢

異性と歌う夢は恋愛運を表しています。最後まで二人で楽しく歌い切れていたら、お互いの関係は良好と言えそうです。または良い出会いが訪れることを示しています。

もし二人で歌いきれず、途中から一人で歌ってしまった場合、その先関係が壊れてしまうことを暗示しています。

好きな人が歌う夢

好きな人が歌う夢は、相手があなたに対し好意を抱いていることを表しています。吉夢と言えるでしょう。歌っていた内容をあなたに伝えたがっていることも示しています。ラブソングであれば告白も近いかもしれないので、あなたのほうからアプローチするのも良さそうです。

また相手が自分を想ってほしいという願望の表れの場合もあります。その場合は焦らず、少しずつ距離を縮めるのが得策です。

赤ちゃんが歌う夢

赤ちゃんが歌う夢は、突然のトラブルや問題が発生してしまうことを表しています。赤ちゃんは予期せぬ行動を起こしてしまうことがあるので、突然のトラブル、急病に見舞われる可能性を暗示しているのです。

そして、あなたの心は未熟で子供っぽいところがあることを表してもいます。わがままになっているかもしれないので、少し引いてみることも大事です。

ラップを歌う夢

ラップを歌う夢は、あなたの心に変化が起こることを表しています。ラップは吐き出すように自分の気持ちなどを歌うものです。あなたの中に周りの人への不平不安が爆発寸前なのかもしれません。

ラップバトルで歌っていた場合、それらの不満に対して抗議の行動をとりたいと思っている表れです。これを機に、勇気を出して意見してみると良いかもしれません。運気が好転する可能性がありそうです。

歌って踊る夢

歌って踊る夢は、恋愛運の上昇を表しています。歌うだけでは物足りず、踊っていることで情熱的な恋が待っていることを示しています。寝ても覚めても頭から離れないような相手に出会う、もしくは出会っているかもしれないです。

歌って楽しい夢

歌って楽しい夢は、運気の上昇を表しています。周りの人からの信頼も厚く、良い印象を得ています。あなたは普段から人を気遣うことができているのかもしれません。ですので、あなたが辛く、助けが欲しいときに周りの人もきっと手を差し伸べてくれます。また恩ができたのであれば、それを忘れずにまた人助けすることで運気はさらに好転していきます。

歌う人を見る夢

歌手などの歌う人を見る夢は、それを見てどのように感じたかによって意味が違います。

歌う人を見て上手だなと憧れの印象をもった場合は、あなたは自分をもっと表現したい、見てもらいたいと感じていることを示しています。そういうことを普段からできている人に憧れを抱いていそうです。

しかし歌う人があまりうまく感じず、良くない印象であった場合、周りの人の良いところを素直に認めることができなくなっていることを表しています。心が屈折してしまっているかもしれません。素直になって良いところは認められるようになれば、きっとそれはあなたにいい形となって返ってきます。

歌が上手い夢

上手く歌を歌えていた夢は、あなたの健康運が上昇していることを表しています。また人間関係もうまくいき、運気が低調であった場合も好転してくることを示しています。吉夢と言えそうです。

歌う夢は自分を表現したいという気持ちの表れですので、大きな声で美しく歌うほど、その欲求が強いということを示しています。

歌が聴こえる夢

誰かが歌っているのを聴く夢は、幸運が訪れることを表しています。あなたにとって必要な、良いタイミングで幸運が舞い降りてきそうです。

その歌が上手ければ上手いほど、幸運の度合いは高まります。

美しい歌声が聞こえる夢

美しい歌声が聞こえる夢は、あなたにとって価値観が変わってしまうような素晴らしい経験ができるようなことが待っていることを表しています。吉夢と言えます。

人生が180度良い方向にかわるような幸運が訪れそうです。今までチャレンジできずにいたことに挑戦してみると良さそうです。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。